現在30代専業主婦です。2007年から、資産運用を行っていました。

最初は、近所の証券会社に口座を開設し、インターネットにて投資を始めました。
2007年始め頃は相場も大変良く、投資がちょっとしたブームとなっていました。

私は、株、投資信託の運用を始めたのですが、
運用を始めた頃は、どんどん資産が増え、運用って案外簡単なんだなと思っていました。

マイナスになることは全く考えておりませんでしたので、利含みの状態のままで、
利益を確定することはしていませんでいした。

ところが2007年夏頃、アメリカでサブプライムショックという物が起こり、
更にリーマンブラザーズという証券会社が破綻し、一気に相場は下がってしまいました。

増えていた私の資産は一気にマイナスに転じてしまいました。
そこから数年感、相場は殆ど横ばい状態で、殆ど上がることがなく、
「このままマイナスだったらどうしよう」と大変不安で、ストレスのたまる期間でした。

しかし、ここで売ってしまっては、資産運用を始めた意味が無くなってしまうし、
すぐ使うお金ではないのでそのまま置いておこうと思い、我慢してそのまま放っておきました。

すると、一昨年頃から相場が好転し始めました。昨年、今年と相場は持ち直し、
現在は、最初投資を始めた頃よりも利益が出ています。

相場が下がってしまったとき、不安感にかられて売却しなくて本当に良かったと思います。2007年の前例から、定期的に利益を確定することが大事だと分かりましたので、
最近は少しずつ、利益が出た場合は確定しております。