株主優待に惹かれ、投資を始めました。
始めたのはNISAが始まる少し前のことです。

もともと株主優待が目当てだった事と、
仕事をしながらの株価チェックはできないと考えた事から、売買は頻繁に行っていません。
株を購入したら、基本持ちっぱなしにしています。

購入する目安として、以下の4点を守るようにしています。

 

1.身近な企業を選ぶ

→よく行くお店などは、企業の雰囲気をつかみやすいので。
商品券などの優待を発行している企業が多い、というのも理由です。

 

2.その中でも、好きな企業、応援したい企業を選ぶ

→多少株価が下がっても、売却しようと思わずに保有し続けられるからです。

 

3.購入価格が20万円までの銘柄

→株価が下がって手放すことになっても、後悔しない目安はこの額でした。
それと、NISAの枠が100万円なので、その範囲でいくつかの銘柄を持ちたいと考えたからです。

 

4.あせって購入しない

→優待や配当金が出る間近に購入してしまうと、高値で購入してしまう事が多いので。
ネット証券で注文を出す時「1週間以内に●●円以下で買い注文を出す」という条件をつけて、
そのうち購入できればいいかな、という気持ちで購入しています。


 

株を購入するようになって、経済ニュースや新商品の情報を、
今まで以上にチェックするようになりました。

株主優待や配当金の「金額で見える財産・利益」を得るだけでなく、
世の中の動きに関心を持って、知識を得るという
「自分の財産」を持つきっかけとなってよかったと思います。