株で儲けたら税金はいくらかかるのか?

 

株投資は利益を生むビジネスなので、株で儲けたら税金がかかります。
お金が絡むことなので、やはり納税の義務が発生するのはしかたがないんですよね。

ただ株投資自体には納税の義務はなく、
株で儲けが発生した場合に限り納税しなければいけなくなります。

 

では、いったい株で稼いだらいくら税金がかかるのか?

 

答えは【株で儲けた額に約20.315%が課税される】
となります。

 

また株で得る利益としては、トレードだけでなく、
株を保有していても発生する配当金についても同じで、一律で約20%が課税されます。

 

なので、だいたいの場合は株投資をしていて稼いでいるのであれば、
納税の義務が発生するという認識でいいです。

 

さらに、課税に関しては証券会社の口座の種類によって変わってきます。

 

【特定口座源泉あり】という設定の口座であれば、
すでに税金が引かれているので、納税の義務はありません
(普通に口座を開くとこちらになります。)

【特定口座源泉なし】
こちらの口座で取引をしていて、利益が20万円を越えてしまう場合には
自分で確定申告する必要があります

 

また、税金対策として儲けたお金に対して税金を無税にする方法があります。

それが、NISA(ニーサ)という制度です。
NISAの口座を一つ作っていけば、
年間で100万円までのトレードで儲けた利益が無税になります!

ちなみに松井証券ではNISA口座の売買手数料は永久無料です。